山野線水俣駅

【野山線西大川駅】黒猫の駅長さんと触れ合えるかもしれない秘境駅

黒猫の駅長さんは、山口悠さんのマンガ作品です。

この記事で登場する駅や人物は、マンガの中での設定であり実在しません。

旧山野線 水俣駅

しかし、モデルは明らかに、かつて実在していたJR九州山野線です。

野山線

山野線は、かつて熊本県の水俣駅から、鹿児島県の栗野駅を結んでいたローカル線です。

1988年(昭和 63 年)に全線廃線となっています。

大口~水俣間の運行表

作中では野山線になっています。

山野線廃線記念郵便物

西大川駅は架空の駅です。

薩摩布計駅跡

実在した久木野駅と薩摩布計駅の間にある駅という設定です。

大川集落のバス停

久木野と布計の間に、大川という集落は実在します。

東水俣駅駅舎

東水俣駅は新水俣駅に移転され、九州新幹線との接続駅になっています。

薩摩大口駅

薩摩大口駅は、作中では伊佐大口駅となっています。

黒猫の駅長さん

タイトルの黒猫の駅長さんは、野山線西大川駅の駅長さんです。

普通の人から見れば、駅に住み着いている黒猫です。

旧山野線のポイント

実は化け猫でしっぽが2本あります。

「普通の人に見えないものが見える人」とは会話ができます。

旧山野線の腕木式信号

西大川駅が無人駅となるときに、本物の駅長から後任をまかされました。

西大川駅

西大川駅周辺は、林業が盛んな時は集落があり、旅客・貨物ともにぎわっていました。

山野線 西山野駅跡

現在は廃村化し、1日の平均乗降客数が1人以下という超秘境駅になっています。

大川集落

ある日、西大川駅近くの家に、引っ越してきた高校生が、佐々木美琴です。

久木野集落

佐々木美琴は、鹿児島市の高校に通学するため、西大川駅の定期客となります。

山野駅の遺物

「普通の人に見えないものが見える人」であり、駅長と話をするようになります。

書籍の紹介

黒猫の駅長さん 全3巻

関連記事

【関連記事】久木野駅 かつての急行停車駅

【関連記事】布計小学校 盛衰をともにした金山と薩摩布計駅を失った木造校舎

【関連記事】薩摩大口駅 廃止2路線の乗入駅

【関連記事】宮之城駅 かぐや姫の里にあった国鉄駅

【関連記事】国鉄樋脇駅と道の駅樋脇 明暗分ける鉄道と自動車道

【関連記事】南薩鉄道記念館 往年の加世田駅と鹿児島交通の鉄道車両たち

【関連記事】鉄道関連記事 まとめ