和気神社

和気神社 清麻呂公が護った皇室の歴史と守護神の猪

和気(わき)神社は、鹿児島県霧島市牧園町にある神社です。

ご祭神は、平城京から大隅国へ左遷された貴族となります。

和気神社

天皇の皇族継承を守り、平安京遷都に貢献した人物で、史実上も高く評価されています。

ご祭神・ご利益

ご祭神は、和気清麻呂公命(わけきよまろこうのみこと)となります。

一言でいうと奈良時代から平安時代の貴族で、当時は政治の仕事をしていました。

和気神社の鳥居

没後に功績が評価され、護王大明神の神号を与えられます。

京都の護王神社は、清麻呂公をまつったものです。

鳥居の扁額

備前国(現在の岡山県)出身で、岡山県の和気町には、和気一族の氏神である和気神社があります。

清麻呂公が、近くの温泉で足の湯治をし、治っていることから足腰の神さまといわれています。

和気神社 社殿

また、学問・建築・交通安全にご利益があるとされています。

宇佐八幡宮神託事件

宇佐八幡宮神託事件は、中央政界の貴族が、九州でも遠く大隅国にまつられる発端となるできごとでした。

当時の天皇は女帝・称徳(しょうとく)天皇でした。

和気神社 手水舎

直系の子供がいない称徳天皇は、皇室に血縁のない道鏡を厚く信頼し、天皇位を譲ろうとします。

そんななか、豊前国(現在の大分県)の宇佐八幡宮から、道鏡を天皇にするようお告げがあったとする報告がありした。

和気神社の手水

天皇がその確認のため、宇佐八幡宮に送ったのが和気清麻呂公です。

宇佐八幡は、「天皇は必ず皇族から立て、無道の人は早く排除すべき」と、当初のお告げの報告を真っ向から否定しました。

和気神社 拝殿

都に戻った和気清麻呂は、そのままを皇室に報告します。

これに怒った称徳天皇は、和気清麻呂を大隅国に左遷したのでした。

和気神社 拝殿

この事件により天皇は、道鏡を皇位に就けるのはあきらめたといわれています。

道鏡は称徳天皇の崩御後、失脚しています。

和気神社 社殿

一方、清麻呂公は道鏡の失脚後、都に戻され要職に復帰しています。

猪の伝説

和気清麻呂は、脚が不自由になり、立てなくなった時期がありました。

阿形の狛いのしし

道鏡が暗殺をもくろみ、歩けないようにしたとの説もあります。

吽形の狛イノシシ

宇佐八幡宮礼拝のため、みこしに乗っていると、300 頭もの猪が現れ列をなして追い越していきました。

阿形の狛いのしし

神社に参拝すると、不思議なことに立って歩けるようになったそうです。

吽形の狛イノシシ

猪が和気神社や護王神社の守護神となっているのはこのためです。

狛イノシシ

狛犬ならぬ狛イノシシが置かれています。

日本一の大絵馬

和気神社にお参りされたら、鳥居をくぐる前に現れる絵馬です。

日本一大きな絵馬といわれています。

日本一の大絵馬

和気神社の守護神・イノシシと清麻呂公が描かれています。

かなりインパクトのあるおおきさなので、お参りされたら絶対に気づかれると思います。

藤棚

和気神社の境内と周辺には、フジノキが植えられています。

4月下旬から5月上旬にかけて見頃を迎えます。

和気公園の藤棚

神社前の公園にもフジノキが植えられています。

和気公園藤まつり 案内板

開花時期にあわせて、「藤まつり」が開催されます。

和気神社の藤棚

そういえば、岡山県の和気神社もフジノキで有名です。

和気神社の藤の紋

和気神社の紋もフジになっています。

和気ちゃん

社務所の正面には、参道をはさんで白亥殿という建物があります。

白亥殿

中をのぞくと、なんと白いイノシシがお昼寝中でした。

和気ちゃん

愛称を「和気(わけ)ちゃん」といいます。

社務所

白いイノシシは神の使いといわれます。

坂本龍馬の新婚旅行

このあたりは坂本龍馬とお龍夫婦が、日本初といわれる新婚旅行で訪れた地となります。

龍馬ハネムーンロード 犬飼滝の説明板

塩浸温泉あたりから霧島神宮と高千穂峰までを龍馬ハネムーンロードといっています。

塩浸温泉の 新婚湯治碑

写真は塩浸温泉の石碑です。

和気神社の社務所のとなりにも、記念碑がありました。

和気神社の坂本龍馬新婚旅行記念碑

坂本龍馬が鹿児島を訪れたのは 1866年のことです。

実は、そのころ和気神社はまだありませんでした。

塩浸温泉龍馬公園

1800年代には、清麻呂公の流されたのは、和気神社の地というのはわかっていました。

和気神社の鎮座は、1946年(昭和 21 年)のことです。

犬飼滝

和気神社の参道入り口に、滝見台という場所があります。

犬飼滝 滝見台

滝見台からは犬飼滝が見えます。

犬飼滝

犬飼滝は坂本龍馬が大絶賛した場所です。

犬飼滝遊歩道入り口

滝見台は、滝への遊歩道の入口にもなっています。

300mほどで、犬飼滝滝つぼ展望台です。

犬飼滝 滝見台駐車場

滝見台は、和気神社の参道入り口でもあります。

和気神社の参道入り口

しかし、主に犬飼滝を見る方の駐車場だと思います。

和気神社の駐車場は、もう少し前方に入り口があります。

まとめ

妙見温泉の近くを春頃通ると、和気神社周辺にやけに人が集まっている印象はありました。

その時は、和気神社の「わき」とはいったい何のことだろう?と思っていました。

和気神社の大絵馬遠景

今回初めてお詣りしてみましたが、見どころが多い神社です。

イノシシのおしり

なんといっても、お神使いのイノシシのおしりがとても素敵でした。

場所 鹿児島県霧島市牧園町宿窪田 3986

観光パンフレット

リンク先から、霧島市の観光パンフレットがお取り寄せできます。

関連記事

【関連記事】霧島神宮 いわずと知れた観光地で艦これ聖地

【関連記事】照国神社 鹿児島県の総守護神・氏神さま

【関連記事】大隅国・薩摩国神名帳令和版 鹿児島県の神社一覧表