松ヶ浦シーサイドパーク

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜の石灰焼釜

松ヶ浦シーサイドバークは、鹿児島県南九州市にある公園です。

松ヶ浦シーサイドパーク

海岸では、明治時代まで使われていた石灰焼釜(へやっがま)を見ることができます。

知覧町

知覧は、特攻平和会館や武家屋敷庭園で観光地として有名な町です。

2007 年(平成 19 年)に、隣接する川辺町および穎娃町と合併し、南九州市となっています。

松ヶ浦シーサイドパーク

知覧町は、山に囲まれた盆地や台地のイメージが強いのですが、町の南部は海に面していました。

松ヶ浦シーサイドパーク

松ヶ浦シーサイドバークは、旧知覧町の南別府にある東シナ海を臨む海岸に造られた公園です。

松ヶ浦シーサイドパーク

四角場浜

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜

四角場浜というのは、松ヶ浦シーサイドパークに広がる海岸です。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜

入り江に砂浜が造成されています。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜

夏休み期間には、シャワー室や更衣室を使うことができます。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜

ただし、海水浴場としては解放されていません。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜

水遊びをするのには、いい海岸です。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜

へやっがま

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

「へやっがま」というのは、江戸時代から明治時代に石灰を造るため使っていた、石灰焼釜のことです。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

漢字で書くとそのまま「石灰焼釜」なのですが、この地方の方言で「へやっがま」と読みます。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

四角場浜の一角には、「へやっがま」が残っています。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

鹿児島の人は、灰のことを「へ」といいます。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

ハエのこともオナラのことも「へ」といいます。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

石灰を焼く釜のことは「へやっがま」と言っていました。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま) 原料のサンゴ石

知覧の海岸でとれたサンゴ石を原料に、石灰を生成していました。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

鹿児島県で古い石灰焼釜が残っているのは、唯一松ヶ浦シーサイドバークのものだけです。

秘密のベール

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

四角場浜を造成したとき、釜の下部は砂の中に埋まってしまいました。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

さらに、少しづつ砂に埋まっています。

2014年に撮影した石灰焼釜

みさき道人 “長崎・佐賀・天草etc.風来紀行” 2014年10月の写真

へやっがまの標柱を見ると、以前のほうが砂に埋まっていないことがわかります。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

また、裏のヤブも成長が進み全容がよく見えません。

松ヶ浦シーサイドパーク 四角場浜 石灰焼釜(へやっがま)

へやっがまは一部だけをのぞかせ、残りは秘密のベールに包まれています。

場所 鹿児島県南九州市知覧町別府 25150

関連記事

【関連記事】知覧平和公園 英霊たちの博物館・特攻平和会館と知覧飛行場の遺構群

【関連記事】知覧武家屋敷庭園 藩制下の姿を色濃く残す美しい町並み

【関連記事】知覧城 シラス土壌を利用した自然の要塞

【関連記事】番所鼻自然公園 伊能忠敬も絶賛した開聞岳を望む頴娃の絶景スポット

【関連記事】射盾兵主神社 通称釜蓋神社は南九州市の大人気パワースポット

【関連記事】南薩地域の特産品 訪れる前におみやげをチェック