知覧武家屋敷通り

知覧武家屋敷庭園 藩制下の姿を色濃く残す美しい町並み

知覧武家屋敷庭園は、鹿児島県南九州市知覧町にある武家屋敷群です。

知覧 武家屋敷通り

外城(とじょう)制を敷いた薩摩藩には、郷ごとにミニ城下町が形成されています。

なかでも知覧郷の武家屋敷は、当時の姿を色濃く残し、南薩の一大観光地となっています。

外城制

徳川幕府は武家諸法度で、一国一城と定めています。

知覧武家屋敷 森重堅庭園

全国の諸藩は外城を廃止し、武士を城下町に集めて住ませるようになります。

知覧武家屋敷

しかし、薩摩藩では、城を廃止するかわりに地頭仮屋を置いています。

知覧武家屋敷

そして、外城のあった麓集落に、そのまま武士を住まわせ続けます。

知覧武家屋敷通り 伝統的建造物群保存地区

これが、のちに郷とよばれるようになります。

知覧武家屋敷通り カッパの像

幕府はこの外城制に疑問を持ちましたが、薩摩藩は「武士人口が多いので分散居住している」と答えています。

知覧武家屋敷 高城住宅の田の神さあ

実際、全国では士族の割合が6%であったのに対し、薩摩藩では 26%に上っていました。

知覧武家屋敷庭園 入園料取扱所

また、農民統治と一揆対策のためとしていました。

知覧武家屋敷庭園 入園料取扱所

実は島津氏の地域の支配拠点として、また中央政権や他藩との対決に備える軍事拠点として機能していました。

武家屋敷通り

知覧町では古くから、官民一体で武家屋敷の保全に力を注いできました。

知覧武家屋敷通り

武家屋敷通りには民家もあるのですが、景観を損なわないように配慮されています。

知覧武家屋敷庭園 説明板

1981年(昭和56年)には、国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けています。

知覧武家屋敷通り

通りが一直線でないのは、敵が侵入したときに通りを見渡せないようにするためです。

知覧武家屋敷庭園 屋敷内の石垣

屋敷の門から中を見ると、石垣が積んであります。

知覧武家屋敷庭園 屋敷内の石垣

矢などの攻撃を防ぎ、敵が一気に中に進入できないようにするためだそうです。

入園について

休園日年中無休
開園時間午前9時~午後5時まで
入園料大人 530円 小人320円
チケット
売り場
東側:森重堅庭園
西側:武家屋敷通り入口の入園料取扱所
知覧武家屋敷庭園 入園料の説明板

入園料は庭園の維持管理に使われます。

各庭園へは、入園料を払うともらえる、パンフレットを手にもって入るようになっています。

駐車場

普通車1時間200円 以降1時間50円
二輪車1時間50円
知覧武家屋敷通り 森庭園売店駐車場

武家屋敷通りの西端にある、城山橋から入るとある、森庭園売店駐車場は無料になっています。

南九州市役所と武家屋敷駐車場

東端となる永久橋を渡った市役所交差点近くに、武家屋敷駐車場があります。

県道23号線駐車場から武家屋敷通りに入ったところにある休憩所

武家屋敷通りの中間点となる、県道 23 号線沿いにも駐車場がいくつかあります。

庭園

どの庭園も手入れが行き届いていて、美しい姿を残しています。

知覧武家屋敷庭園 案内板

御仮屋跡

御仮屋は郷の中心で、城みたいなものです。

知覧武家屋敷庭園 藤棚公園

藤棚のある公園から裁判所一帯に、御仮屋が置かれていました。

西郷忠一郎庭園

知覧武家屋敷庭園 西郷忠一郎庭園
知覧武家屋敷庭園 西郷忠一郎庭園

平山克己庭園

知覧武家屋敷庭園 平山克己庭園
知覧武家屋敷庭園 平山克己庭園

平山亮一庭園

知覧武家屋敷庭園 平山亮一庭園
知覧武家屋敷庭園 平山亮一庭園

石敢当

石敢当(せっかんとう)というのは、屋敷の中に魔物が入るの防ぐものです。

知覧武家屋敷庭園 石敢当(せっかんとう)

三叉路の突き当りに建てられます。

石敢当の説明板

西郷どんロケ地

知覧武家屋敷庭園は、NHK大河ドラマ「西郷どん」のロケ地です。

知覧武家屋敷庭園 西郷どんロケ地の案内板

放映されたシーンが撮影されたのは、まさにこの場所です。

知覧武家屋敷庭園 西郷どんロケ地

【関連記事】ドラマや映画の撮影に使われた南九州のスポット

知覧型二ツ家

知覧型二ツ家

知覧型二ツ家というのは、本来は別棟であった2つの家をつなげて作る建築工法です。

知覧型二ツ家

知覧の大工が創作した、知覧独特の工法です。

知覧型二ツ家の説明板

佐多美丹庭園

知覧武家屋敷庭園 佐多美丹庭園
知覧武家屋敷庭園 佐多美丹庭園

佐多民子庭園

知覧武家屋敷庭園 佐多民子庭園
知覧武家屋敷庭園 佐多民子庭園

佐多直忠庭園

知覧武家屋敷庭園 佐多直忠庭園
知覧武家屋敷庭園 佐多直忠庭園

旧高城家住宅

知覧武家屋敷庭園 旧高城家住宅

知覧式二ツ家で、お屋敷の中を見ることができます。

知覧武家屋敷庭園 旧高城家住宅内部

ただし、高城庵さんがお食事を提供される場所として使われています。

知覧武家屋敷 高城庵

勝手にあがってはいけません。

知覧武家屋敷 高城庵

森重堅庭園

知覧武家屋敷 森重堅庭園
知覧武家屋敷 森重堅庭園

矢櫃(やびつ)橋

矢櫃橋は武家屋敷通りの東端、麓川にかかる石橋です。

亀甲城

亀甲城へ渡るための、重要な橋でした。

矢櫃橋

江戸時代には、鹿児島城下との往来のため多くの人が渡っていました。

亀甲城跡の説明板

一帯は亀甲城公園として整備されています。

矢櫃橋

亀甲城というのは、中世の知覧城の出城です。

矢櫃橋

鹿児島方面からの敵の侵入に備える前衛的なお城でした。

矢櫃橋

矢櫃橋の語源は、「矢を引く」が語源とされています。

矢櫃橋の標柱

有事にはこの橋を渡る敵に対し、矢を引いていたのかもしれません。

富屋食堂

時代は違いますが、特攻隊員の母といわれた鳥濱トメさんのお店です。

富屋食堂

帝国陸軍の指定食堂で、出撃前の特攻隊員たちが訪れていた食堂です。

富屋食堂

トメさんは献身的に特攻隊員たちを支えていました。

富屋食堂

戦後は遺族たちのために、富屋旅館となっています。

富屋食堂 映画ホタルのロケ地

トメさんの死後、「ホタル館富屋食堂」として、復元し現存しています。

富屋食堂

麓公園

知覧 麓公園

麓公園は、富谷食堂と武家屋敷入口の間にある公園です。

知覧 麓公園

麓川のかかる、木橋を渡って入ります。

知覧 麓公園

公園だけでなく、飲食店が並んでいます。

知覧 麓公園

まとめ

武家屋敷は各地に残っていますが、知覧は特に保存に力を入れていて、すばらしく美しい景観が見られます。

知覧武家屋敷

観光的にも、知名度の高い武家屋敷群となっています。

場所 鹿児島県南九州市知覧町麓

観光パンフレット

リンク先から、南九州市の観光パンフレットがお取り寄せできます。

関連記事

【関連記事】知覧平和公園 英霊たちの博物館・特攻平和会館と知覧飛行場の遺構群

【関連記事】番所鼻自然公園 伊能忠敬も絶賛した開聞岳を望む頴娃の絶景スポット

【関連記事】射盾兵主神社 通称釜蓋神社は南九州市の大人気パワースポット

【関連記事】川辺ダム 南薩縦貫道のインターチェンジ名にも使われるダム

【関連記事】火の河原分校 薩摩藩の集成館事業で山間に形成された製鉄集落の学校

【関連記事】枚聞神社 開聞岳を臨む薩摩国一の宮には玉手箱があった

【関連記事】竜宮神社 薩摩半島最南端の観光地・長崎鼻の伝説にまつわる神社

【関連記事】西大山駅 JR公認の日本最南端駅は映えスポット

【関連記事】【超定番】 鹿児島のおいしい食べ物と飲み物