薩摩湖

薩摩湖 南薩観光のメジャースポットはバス釣りスポットへ変遷

薩摩湖は、鹿児島県日置市吹上町にある湖です。

薩摩湖

見るからにマイナースポットですが、かつては南薩摩を代表する観光地でした。

かつての南薩観光の中心地

薩摩湖は吹上浜に砂丘ができていくうちに、海が陸地に取り残さてできた湖です。

薩摩湖

現在はひっそりとしていますが、昭和30年代は南薩観光の中心地でした。

薩摩湖

薩摩湖は、かつての南薩鉄道枕崎線の沿線にあります。

薩摩湖

1952年(昭和 27年)から、南薩鉄道によりレジャー施設として開発された経緯があります。

薩摩湖 中之島とつり橋

1955年(昭和 30年)に、南薩鉄道は薩摩湖駅を新設します。

薩摩湖 つり橋
中之島にあったバラ園へ渡るつり橋

駅周辺に吹上遊園地を開設、中之島にはバラ園が造園され、湖面には遊覧船や貸しボートが浮かんでいました。

薩摩湖 遊覧船乗り場
右端が遊覧船乗り場

開園当初はインパクトが大きく、活況を呈していました。

薩摩湖

しかし、地理的にいうと鹿児島県の端にあるリゾートです。

薩摩湖 鹿児島交通バス転回場

利用客はすぐ減少に転じ、遊園地は4~5年で閉園となっています。

薩摩湖 鹿児島県立吹上高校

南薩鉄道も手をこまねいていたわけではありません。

薩摩湖

1962年(昭和37年)からはさつま湖花火大会を開催しています。

薩摩湖

しかし、南薩鉄道は鉄道本体の経営もままなりません。

1964年(昭和39年)三州自動車と合併し鹿児島交通となりました。

薩摩湖ロープウェイ

南薩鉄道の薩摩湖開発の目玉が「薩摩湖ロープウェイ」でした。

薩摩湖

薩摩湖駅から薩摩湖の対岸に運行された、九州初のロープウェイです。

薩摩湖ロープウェイ
red50keiさんのブログより転載

南薩鉄道薩摩湖駅側が「吹上遊園地駅」、対岸側を「つつじが丘駅」とよんでいました。

薩摩湖ロープウェイ 地図
red50keiさんのブログより転載

吹上遊園地開園から1年遅れで、1956年(昭和31年)に運行を開始しています。

薩摩湖ロープウェイ つつじが丘駅から見た中之島のバラ園
red50keiさんのブログより転載

九州初というインパクトもあり、薩摩湖集客の主役でした。

薩摩湖ロープウェイ つつじヶ丘駅
山頂に残るつつじヶ丘駅の遺構

1968年(昭和43年)に運行を休止しています。

グーグルマップで見ること、つつじヶ丘駅はこんな感じです。

現在の状況

現在の状況は、南薩の一大観光地であったようには見えません。

薩摩湖

薩摩湖駅あたりは吹上浜公園の一角となっています。

薩摩湖 右の山頂がつつじヶ丘駅、左の島がバラ園のあった中之島
右の山頂がつつじヶ丘駅、左の島がバラ園のあった中之島

対岸側のつつじが丘駅と中之島は立入禁止です。

薩摩湖 催事広場や遊覧船乗り場のあったところは、鹿児島交通バスの転回場
祭事広場のあった鹿児島交通バス転回場

催事広場や遊覧船乗り場のあったところは、鹿児島交通バスの転回場となっていて入れません。

鹿児島交通 さつま湖バス停

吹上高校前のさつま湖バス停あたりから、薩摩湖を見渡すことができます。

ブラックバス釣り

薩摩湖では釣りができます。

薩摩湖 桟橋(水上園路)

コイ、フナ、ライギョ、ブラックバス、ブルーギルなどが釣れるようです。

薩摩湖 桟橋(水上園路)利用上の注意

漁協による、遊漁券やボート使用の注意表示などは見当たりませんでした。

薩摩湖で漁業は行われていないのかもしれません。

薩摩湖 桟橋(水上園路)からフローターを降ろす釣り人

ブラックバス釣りをする際には、ボートが使えます。

薩摩湖 フローターの釣り人と鹿児島県立吹上高校
左が薩摩湖で釣りをする人、右は鹿児島県立吹上高校

見た感じみなさん使っているのは、フローターのようでした。

薩摩湖 桟橋(水上園路)の釣り人

ボートを降ろすポイントが見当たりませんでしたので、アルミは厳しいのかもしれません。

薩摩湖 桟橋(水上園路)の釣り人

おかっぱりは桟橋とその両岸がメジャーなポイントです。

薩摩湖

訪れた日も、釣りをしている人は、桟橋周辺にしかいませんでした。

場所 鹿児島県日置市吹上町中原

関連記事

【関連記事】熊本・宮崎・鹿児島 各県のバス釣りスポット

【関連記事】【超定番】 鹿児島のおいしい食べ物と飲み物

【関連記事】遺構探訪 関連記事 まとめ