まのひ飛行場のトーチカ

まのひ飛行場 トーチカの残る未完成飛行場

まのひ飛行場は、鹿児島県南九州市頴娃(えい)町にあった、旧日本陸軍の飛行場です。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

地名から、青戸(あおと)飛行場とか上別府飛行場ともよばれていて、現在も戦争遺構を見ることができます。

まのひ飛行場とは?

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカの案内板

まのひ飛行場は、かつて旧穎娃町上別府青戸の加治佐原(かっちゃばい)という場所にあった飛行場です。

まのひ飛行場(青戸飛行場) 地図

そのため、青戸飛行場とか、上別府飛行場ともよばれています。

まのひ飛行場(青戸飛行場)

大戦終盤、旧陸軍は九州本土への米軍上陸を見据えて、南九州の軍備を整えていました。

まのひ飛行場(青戸飛行場)

知覧飛行場には、2000m 滑走路が1本しかなく、気象条件では離着陸ができないことがありました。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

また、特別攻撃作戦で手狭にもなっていたため、枕崎周辺に飛行場をつくる計画が持ち上がりました。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

結果、建設されたのが、まのひ飛行場です。

「まのひ」は暗号

地名でいうと、青戸飛行場または上別府飛行場であり、「まのひ」というのは、旧陸軍の暗号です。

まのひ飛行場(青戸飛行場)

知覧飛行場は「【ち】らん【の】【ひ】こうじょう」で「ちのひ」。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

計画では枕崎飛行場だったので、「【ま】くらざき【の】【ひ】こうじょう」で「まのひ」です。

まのひ飛行場(青戸飛行場)

枕崎より青戸のほうが飛行場に適していたので建設がはじまったのですが、空港名は「まのひ」がそのまま使われました。

未成飛行場

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ跡を示す標柱

まのひ飛行場の着工は、1944年(昭和 19年)8月です。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

完成を急いだため、多くの人が建設に携わりました。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

その数は1日1万人ともいわれています。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

しかし、機械が足りず人力での工事であったため、工事は遅々として進みませんでした。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

1945年(昭和 20年)3月になると、当初は想定していなかった米軍の空襲に見舞われます。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

同年8月、まのひ飛行場は、未完成のまま終戦を迎えることになりました。

現在のまのひ飛行場

まのひ飛行場(青戸飛行場)

現在のまのひ飛行場は、茶畑などの農地になっています。

まのひ飛行場(青戸飛行場)

滑走路の一部が道路になっています。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

わかりやすい遺構としてトーチカが残されています。

第1トーチカ

まのひ飛行場の案内板から見えるトーチカです。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

農地の中にあるため、近づくことはできません。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

場所 鹿児島県南九州市頴娃町上別府

第2トーチカ

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

滑走路の脇にあったトーチカは、近くで見ることができます。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

空港のトーチカは、本土決戦を覚悟したものでしょう。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

敵の航空機の着陸時や、敵兵が空港を制圧する際に攻撃を仕掛ける陣地です。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

トーチカは戦争が長期化し、鉄材が乏しくなったため、竹材を骨組みにしています。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

コンクリートには、洗い骨材を混ぜてあることがわかります。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

75年経った現在もしっかりしているので、良質のコンクリートを使っていたのでしょう。

まのひ飛行場(青戸飛行場) トーチカ

場所 鹿児島県南九州市頴娃町上別府

関連記事

【関連記事】出水特攻碑公園 海軍航空隊が駐留した出水飛行場の遺構

【関連記事】山の中の海軍の町にしきひみつ基地ミュージアム て名前長くない?

【関連記事】大隅半島の戦争遺構 本土決戦に向けて築かれた軍事施設群

【関連記事】鹿屋航空基地 史料館に並ぶ往年の名機たち

【関連記事】特攻百二十一震洋隊細島基地 御鉾ヶ浦の軍事遺構と観光スポット

【関連記事】遺構探訪関連記事 まとめ