桜島

桜島 間近で撮影できる島内展望スポットまとめ

鹿児島県内のいたるところから桜島は見えます。

しかし島内からながめる桜島は、山肌や溶岩が感じられ迫力が違います。

桜島

桜島は現在も活動している活火山です。

この記事では、島内で安全に桜島を見ることができるスポットをまとめています。

桜島港

桜島フェリーの桜島港は、桜島の西の玄関口です。

桜島フェリー 桜島港

対岸の鹿児島港には 15分で到着します。

桜島フェリー 桜島港

鹿児島港との定期航路は、年中無休24時間運航されます。

桜島フェリー

通勤時間帯は 15分おき、昼間は20分おきに運行されています。

大隅半島と薩摩半島を結ぶ、生活航路でもあり、たくさんの人が利用しています。

場所 鹿児島鹿児島市桜島横山町2

桜島ビジターセンター

桜島ビジターセンターは、桜島の資料館です。

歴史や自然の興味のある方におススメです。

桜島ビジターセンター
【公式】火山のミニ博物館 桜島ビジターセンター
入館料無料
開館時間9:00~17:00
休館日年中無休

場所 鹿児島県鹿児島市桜島横山町 1722-29

烏島展望所

烏島展望所

1914年(大正3年)まで、烏島(からすじま)は、桜島の 500m沖合に浮かぶ島でした。

烏島展望所

大正噴火の時に、火口から流れ出した溶岩により、桜島とつながってしましました。

烏島展望所

大正噴火前の鳥島があるのは現在の地表面から20m下です。

烏島展望所

眼下の大正溶岩原と、鹿児島市内が良く見渡せる展望所です。

烏島展望所

もちろん、(天気がよければ・・・)桜島もよく見えます。

場所 鹿児島県鹿児島市桜島赤水町 3629-12

烏島展望所

赤水展望広場と叫びの肖像

赤水展望広場

赤水展望広場は、広大な多目的広場です。

赤水展望広場

2004年(平成16年)に、鹿児島ゆかりのアーティスト、長渕剛さんがオールナイトコンサートを行った場所です。

赤水展望広場 叫びの肖像

オールナイトコンサートを記念して、「叫びの肖像」が建てられています。

赤水展望広場 叫びの肖像

長渕剛さんファンの聖地であり、ファンの方が訪れる目的地は、「叫びの肖像」です。

赤水展望広場 鹿児島市内の眺望

もちろん桜島も見えますが、どちらかといえば鹿児島市内を眺望するスポットです。

場所 鹿児島県鹿児島市桜島赤水町 3629-3

道の駅桜島 火の島めぐみ館

道の駅桜島 火の島めぐみ館

芸能人の方の間で定番となっているのか、色紙がたくさん貼られています。

道の駅桜島 火の島めぐみ館 桜島大根畑

玄関前に、桜島大根の畑があるのは特徴的です。

道の駅桜島 火の島めぐみ館 桜島大根

桜島大根の収穫時期は冬です。

道の駅桜島 火の島めぐみ館 桜のしずく

桜島小ミカンの産地としても有名です。

道の駅桜島 火の島めぐみ館

物産館では、他所にはない珍しい野菜や果物が置いてあります。

道の駅桜島 火の島めぐみ館

溶岩で造った小物も、桜島ならではです。

場所 鹿児島県鹿児島市桜島横山町 1722-48

道の駅桜島 火の島めぐみ館

湯之平展望所

湯之平展望所

北岳の4合目、標高 373mにある、火口に最も近い展望所です。

湯之平展望所

(天気が良ければ、)最も鮮明な山肌写真の撮影スポットです。

湯之平展望所

展望所の建物は改修中でした。

湯之平展望所

展望所もこのとおり、足場だらけです。

湯之平展望所 バス停

展望所の営業時間は9:00~17:00 です。

湯之平展望所

しかし、夜も鹿児島市の夜景を見に訪れる方が多いそうです。

湯之平展望所

上の写真は、以前天気の良い日に訪れた時のものです。

場所 鹿児島県鹿児島市桜島小池町 1025

有村溶岩展望所

大隅半島側から桜島をながめる展望所です。

有村溶岩展望所

桜島で育つ植物の層がよくわかる場所です。

有村溶岩展望所

古い溶岩には成長した植物が生えています。

有村溶岩展望所

1914年の大正溶岩、1946年の昭和溶岩とあたらしくできた溶岩ほど、植物も成長していません。

有村溶岩展望所

また火口近くと有毒ガスの流れる場所には、植物が育っていません。

有村溶岩展望所

植物の成長で、溶岩の年代がわかる面白い展望所です。

有村溶岩展望所 鹿児島県南部の眺望

条件がよければ、鹿児島南部を見渡せるのも魅力です。

場所 鹿児島県鹿児島市有村町 952

有村溶岩展望所

まとめ

ひとくちに桜島といっても、その姿は見る場所によって表情が変わります。

桜島

錦江湾の中心にあり、湾内どこからでも見えるのが桜島です。

桜島フェリー鹿児島港

各地に、その場所からしか見えない桜島があります。

桜島

しかし、もっと鮮明に迫力も感じたいなら、島内から見ることをおすすめします。

有村溶岩展望所の避難壕

そして、噴火や降灰など自然と共存し、備える工夫が受け継がれているのを感じられます。

桜島暮らしのススメ

関連記事

【関連記事】腹五社神社 桜島大正大噴火の威力を現在に伝える黒神埋没鳥居