末吉鉄道記念館

末吉鉄道記念館 宮崎県都城都市圏にあった鹿児島県の駅

末吉鉄道記念館は、鹿児島県曽於市末吉町にある鉄道記念館です。

国鉄志布志線の末吉駅跡に建てられています。

末吉鉄道記念館

末吉駅は、かつての末吉町(現在の曽於市末吉町)の中心駅です。

末吉駅

末吉駅は、1923年(大正12年)に、志布志線の駅として開業した駅でした。

末吉駅

1987年(昭和 62年)に、志布志線の全線廃止を受けて廃駅となっています。

末吉駅

当時の駅舎跡が、鉄道記念館として残されています。

末吉駅

ただし、場所は当時のままですが改築されています。

志布志線

駅前に線路が残っていますが、これは現役時の志布志線とは角度が90度違っています。

志布志線があったのは、鉄道記念館裏手の道路です。

上の写真は西都城方面です。

こちらが志布志方面です。

1975年(昭和50年)の航空写真です。志布志線沿いに小さな駅舎が見えます。

駅裏の大きな建物は、ナンチクの本社です。

国鉄志布志線

国鉄志布志線は、西都城市から志布志駅を結んでいた国鉄のローカル線です。

1923年(大正12年)に都城~末吉間が開通し、1925年(大正14年)に、志布志駅までが全線開業しています。

志布志線の遺物

志布志線は、宮崎県第2の人口を抱える工業と農業都市・都城と重要港湾のある志布志を結ぶ路線でした。

1960年代までは、貨物・旅客ともに重要な役割を果たしています。

1970年代になると少しづつ輸送量を減らします。

志布志線 末吉駅の遺構

1984年(昭和 59年)に、第2次特定地方交通線として廃止が承認されました。

全線廃止は、1987年(昭和62年)になります。

鉄道遺構

末吉鉄道記念館の周辺には、志布志線の遺構が残されています。

草で覆われていますが、志布志駅跡の石碑です。

国鉄志布志線末吉駅跡と彫ってあります。

志布志線は64年間も営業していました。

志布志線の線路と気動車の動輪です。

駅名標です。

廃線時は木製だったのだと思いますが、金属製になっています。

国鉄バスの乗換案内は木製のままです。

踏切と遮断機です。

手動式のポイントです。

腕木式信号です。

線路側には、末吉駅の上り線ホームにあった待合室が残されています。

末吉駅 上り線待合室

昔の航空写真で見ると、駅の南端にあるので、場所も当時のままのようです。

待合室の「都城・鹿児島行方面のりば」表示

「都城・鹿児島行方面のりば」と書いてあります。

待合室の古レール

骨格は、志布志線開業当初に使っていた、ドイツ製の古レールです。

末吉駅上り線待合室

レールには、「KRUPP 1902 XⅡ KTX」という刻印があるそうです。

「クルップ社・1902年12月製・九州鉄道」という意味です。

展示物

建物の中に入ります。

記念館は無人、入館料は無料です。

末吉駅廃止時の運賃表です。

志布志線の沿革です。

志布志線廃線時の時刻表です。

到着先の接続と待ち時間まで書いてあります。

木製の改札口です。

鉄道備品の数々です。

備品を展示する部屋はカギがかかっています。

旧志布志駅の転車台の写真です。

駅周辺の景色

志布志線全盛時には一等地だった、末吉駅周辺です。

天皇陛下の御巡幸は、1949年(昭和24年)のことです。

タクシーの廃車置き場です。

末吉駅からたくさんの客を運んだのだと思います。

飲食街の建物です。鬼追いラーメンは現役店です。

スナック5軒もたぶん現役?

末吉駅前の道路
末吉駅前通り

駅前の道路を見て、すっかり車社会に変わってしまったことを実感します。

場所 鹿児島県曽於市末吉町本町2丁目13−4

関連記事

【関連記事】今町駅跡鉄道記念公園 C12 64の静態保存と志布志線ウェルネスロード

【関連記事】志布志市鉄道記念公園 かつて3路線が乗入れていた志布志駅

【関連記事】嘉例川駅 築100年を経過して脚光を浴びた妙見温泉の最寄り駅

【関連記事】大隅横川駅 豪雨災害のJR九州肥薩線で営業可能区間にあるレトロ駅

【関連記事】鹿屋市鉄道記念館 国鉄大隅線の歴史を伝える鹿屋驛

【関連記事】薩摩大口駅 廃止2路線の乗入駅

【関連記事】野山線西大川駅 黒猫の駅長さんと触れ合えるかもしれない秘境駅

【関連記事】久木野駅 かつての急行停車駅

【関連記事】宮之城駅 かぐや姫の里にあった国鉄駅

【関連記事】国鉄樋脇駅と道の駅樋脇 明暗分ける鉄道と自動車道

【関連記事】南薩鉄道記念館 往年の加世田駅と鹿児島交通の鉄道車両たち

【関連記事】鉄道関連記事 まとめ

【関連記事】遺構探訪 関連記事 まとめ